科学は、グローバル社会に対応し、研究、開発の分野で活躍するための土台です。科学の学習を通して文化や価値観の異なる人と正確に情報を伝えあえる力、客観的にデータを取って論理的に分析し、発表する力を育てます。

科学のプロデューサーになろう

 はじめは、「自分が興味のあるひとつの研究」。そこから、探求し研究を積み重ね、色々な研究者や仲間と交わり、論議していく過程を踏みながら、見えてくるものって何だと思いますか。
「科学の研究結果」です。いま、私たちが暮らす日常には、先程のプロセスをふみながら見出された研究結果が、スマートフォンや電気自動車、遠隔医療、ICT教育、スマート農業の技術などに活かされているのです。
 科学の研究結果で、日常をどう彩りたいか、医療や福祉、教育などの分野でどう活かしていきたいかなど日々想像することもまた、科学のプロデューサーには必要な要素です。

関連記事

  1. science-leader-slider_1

    サイエンス・リーダー ポータルサイト

  2. science-leader-slider_2

    想像してごらん、未来の世界を!

  3. science-leader-slider_3

    ここら始まる新しい科学の世界